ゴルフは外で行うスポーツですので雨に悩まされる事も少なくありません。

いざという時にスムーズに対処できるようにしておきましょう。

今回はゴルフにおける雨対策について紹介したいともいます。

準備するアイテムについて

まず準備しておくアイテムはレインウェア、防水性の高いグローブ、シューズ、タオルなどです。

天気予報でいくら降水確率が低いと言っている場合でもこれらを用意しておく事が大切です。

スタート時には降っていなくても途中で急に降り出すことは良くある事なので雨具はバッグの中に必ず入れておきましょう。

傘はゴルフ場で貸出可能の所もありますが、基本的には持っておくようにしましょう。

傘は自分だけでなく道具を濡らさない為でもあります。

傘を固定し使用しないクラブは立てかけておくと濡れずに済みます。

タオル

雨の日のプレーの仕方ですがグリップを乾いた状態にしておく事が大切でタオルは余分に持って行くようにします。

ショットの際はグリップの泥を軽くタオルで落としてから打つようにします。

完璧には落とせなくてもショットの軌道は安定します。



スイングで気をつけること

普段と違う所は力加減です。

例えばティーアップをしないショットであれば、ボールを通常よりも右にセットしクリーンに打つようにしましょう。

飛距離はいつもと比べて出ないので予測が難しくなります。

クラブの選択も大切で普段よりも長めのクラブにしましょう。

理由はボールに力が伝わりづらくなってしまう為です。

体重移動も最小限にし、若干力を抜いて8割程度の力で打つようにします。



体を調整する

あまり知られてはいませんが雨が降り気温が下がり始めるとボールの飛距離は落ちます。

体も活発に動きにくくなりますのでコースに出る前の食事も温かいものを摂取するのが良いとされています。



スコアメイクの考え方

長時間雨が降っていれば グリーンは柔らかくなってきます。

予測が難しいのはボールがどこまで転がるかという事で、グリーンの変化を見るわけですが、初めてのゴルフ場だったり初心者の方であれば変化を読み取る事は困難です。

今日は雨が降ったおかげで貴重な経験ができたと切り替え、経験値にしましょう。

経験を積むことで次第に分かるようになっていきます。

 

グリーンに水溜りがなければ低いボールを転がした方が予測不能な転がり方をするリスクは低くなります。

グリーンは雨水を吸って重くなっているので高く打ち上げたボールは衝撃が吸収されてしまいます。

 

ボールに泥が付くことも多くなってきます。

軌道としてはボールの右側に泥が付いていればボールはフックして狙った方向よりも左に行く可能性が高く、左側に泥が付いていればボールはスライスし狙った方向よりも右に行く傾向が強くなると言われています。

 

これらを踏まえてショットの方向とクラブの選択をしましょう。

 

雨天時はどうしてもスコアが上がりづらい状況にありますが上級者の方やプロの方は普段と変わらないパフォーマンスで終えます。

スコアが落ちてしまう方との一番の違いはメンタルの強さだと言います。

たとえ雨が降っていようとマイナス思考にならず、雨が降っているけど関係ない、ここでいつもと変わらないスコアを出せば自分は成長しているという事というようにポジティブに捉えるそうです。

雨天時のゴルフを経験した事があるかどうかも大切な要素で、気持ちに余裕の差が生まれます。

また一緒にコースを回る方がゴルフ上級者であれば雨天時の疑問点を積極的に聞いてみるのも良いでしょう。

自分で学習できる事というのは限界があります。

他人の知識を取り入れるのは悪い事ではありませんし、自分の成長を後押ししてくれる事になります。



最後に

ラウンド途中あるいは終了時には、装着したレインウェア、グローブ、シューズは自分に合っていたかがわかるはずです。

雨天時に使用するアイテムだからこそ普段使用しているものよりも慎重に選ばなければいけないという事を覚えておきましょう。



おすすめの記事