ゴルフのトップシーズンである4月〜9月は紫外線量もピークを迎えるシーズンでもあります。

ですのでゴルフをするにあたり、紫外線対策は必須です。

紫外線対策をしないまま日にやけ続けると、あとで後悔することとなりますのでしっかりと対策しましょう。

紫外線が起こす悪影響とは

皮膚ガン

紫外線を長時間大量に浴び続けると細胞に傷がつきます。

通常は細胞が傷ついても数日後には再生されますが、再生される前に更に紫外線を浴び続けると、結果として皮膚ガンにつながる可能性があります。

ゴルフは朝から昼過ぎまで4〜6時間も外で紫外線を浴びることとなります。

頻繁にゴルフをする方だけでなく、月に1回程度のゴルファーも十分に気を使う必要があります。

ほくろ

実はほくろができる一番の原因は紫外線です。

紫外線により肌のメラノサイトが活発になりメラニン色素が作られます。

メラニン色素は、外部の刺激から肌を守るため多少は必要なのですが、これが出来過ぎてしまうと上手に体外に排出されず、ほくろとして残ってしまいます。

目の病気

紫外線対策で忘れがちなのがアイケアです。

紫外線を長時間浴びることにより炎症を起こし、目が赤くなったり痛みが生じます。

目の水晶体は新陳代謝をしないため直接的なダメージを受けやすいので、紫外線によってどんどん傷ついていきます。

「白内障」などの目の病気を発症してしまう可能性もありますので十分に対策をしておく必要があります。



人気おすすめゴルフでの日焼け止め商品

ゴルフでの日焼け対策で日焼け止めを選ぶにあたって、一番大切なのは、長時間紫外線から守ってくれることです。

塗る日焼け止め

プロにも愛用者が多いアネッサ。「パーフェクトUV スキンミルク」は、アネッサ史上最高の紫外線防御力を持っています。
さらに、汗・水に触れるとUVブロック膜が強くなる仕様も。

紫外線の予防効果はもちろん、乾燥肌の方にもオススメです。

created by Rinker
ALLIE(アリィー)
¥2,130 (2020/09/30 04:49:15時点 Amazon調べ-詳細)

摩擦に強く、落ちにくいタイプ。サラサラが続くので、日焼け止めのベタベタ感がありません。

スプレータイプ日焼け止め

日差しが強いゴルフ場では、2時間に1度塗り直すことをおすすめします。

そんな時に活躍するのが、「スプレータイプ」の日焼け止めです。

スプレータイプの日焼け止めは、顔、体だけでなく髪にも使えるものが多く、簡単に塗り直すことができます。

顔、体はもちろん髪にも使えます。

敏感肌の方にもオススメです。メイクの上からでも白くなりにくいのが特徴です。

飲む日焼け止め

最近では飲む日焼け止めも登場しています。

塗るタイプと併用することで、紫外線対策をより強固にしてくれます。






おすすめの記事