ゴルファー保険とは、

ゴルフをプレー中または練習中に他人や自分にケガを負わせてしまった場合や物を壊してしまった場合に利用できる保険のことを指しています。

特に他人をケガさせてしまったり他人の物を壊してしまった場合には思わぬ慰謝料や損害賠償を請求されることがありますし、ゴルフ用品も安くはないので保険に加入していると安心だという人が多いですよね。

今回はゴルファー保険についてのメリットデメリットを紹介したいと思います。

ゴルファー保険のメリット

ゴルファー保険のメリットとしては、「プレー中以外のトラブルも対象に入っている点」です。

一般的な保険は保険が適応される範囲が限定されているので、ゴルフの保険も通常であればプレー中のみが対象になると考えやすいですよね。

実際にはプレー中だけではなく練習中や指導中でも保険の適応となるので、ゴルフをしている最中であれば保険を利用できるということになります。

そのためゴルフ場を利用している時だけではなく場合によっては自宅で練習している時でも保険が利用できるため、幅広いシチュエーションが対象になっているという点は大きいです。

また他人とのトラブルだけではなく自分がケガをしたり物を壊されてしまった場合にも保険が利用できるので、万が一のトラブルに供えたいと考えている人にとってはメリットがある保険と言えます。

ゴルフは多くの人たちとプレーすることも多いので他者とのトラブルが起きる可能性が高いですし、プレー中に誤ってゴルフ用品を壊してしまう可能性も少なくありません。

怪我をさせてしまったり怪我をするという可能性も高いので、ゴルファー保険に加入しておくことは自分を守る意味でも大きな意味を持つのです。

そしてゴルファー保険にはホールインワン・アルバトロス補償と呼ばれる特殊な特典がついていて、ホールインワン・アルバトロスを達成した際の祝賀会やキャディーへの祝儀、ゴルフ場への植樹などに対しての保険金の支払いになります。

通常であればこれらは自費で行わなければいけないので、保険料で賄うことができるという特典は思ったよりも大きなメリットとされています。



ゴルファー保険のデメリット

このように色々なメリットがあるゴルファー保険ですが、メリットだけではなくデメリットもある点に注意が必要です。

例えば他人をケガさせてしまったりゴルフ用品を破損してしまった場合は全て保険の対象内ですが、自分のゴルフ用品を紛失してしまったり破損してしまった場合には保険の対象外となる場合があります。

特に紛失や置忘れに関しては保険の対象外となっているので、あくまでも対象となるのはゴルフクラブの破損のみです。

さらにほかの保険と同様に地震・津波といった天変地異による損害も対象外とされているため、何でも保険の対象だと思っていると思わぬ失敗をしてしまいます。

またホールインワン・アルバトロス補償は保険会社によっては基本としてついている場合と、オプションでついている場合があります。

オプションで付ける場合には別途料金がかかってくるため注意が必要ですし、海外でのプレーには適応されない場合がほとんどなので利用するかどうか検討する必要があります。

そしてゴルファー保険の最大のデメリットとして言われているのが、保険料です。

保険に加入する場合は当然保険料を定期的に支払う必要があるのですが、ゴルフをプレーしたり練習する頻度によっては保険料の負担が大きいという人も出てきますよね。

実はゴルファー保険の内容はホールインワン・アルバトロス補償以外はほかの保険で代用できる部分もあり、わざわざゴルファー保険に加入して保険料の負担を増やす必要がないという意見もあるようです。



最後に

このようにゴルファー保険にはゴルフをプレーする人だからこそほしい補償がついているというメリットがありますが、その反面デメリットもいくつか見受けられます。

そのためどちらも把握した上で、保険に加入するかどうかを検討することが大切です。



おすすめの記事