ラウンドの際には、ゴルフクラブの平均飛距離を把握した上で、セッティングを工夫する必要があります。
今回は各クラブにおける平均飛距離について紹介していきたいと思います。

ドライバー

ティーショット・1打目に使うクラブと言えば、ドライバーです。
1打目で飛距離を稼げれば、2打目以降に余裕を持ってプレイでき、戦略を立てやすいです。
ドライバーは、最大限の力でボールを飛ばす構造が採用されています。
一般的なモデルの平均飛距離は、男性アマが230ヤード、女性アマが175ヤードです。
練習の継続によって、ラウンド時の成績が良くなりますが、手っ取り早く飛距離を伸ばしたい方には高反発タイプのドライバーがオススメです。
度々メディアで取り上げられている有名な高反発ドライバーを利用すれば、通常の飛距離よりも約30ヤード長くなる可能性を期待できます。

フェアウェイウッド

2打目に使用する機会が多いフェアウェイウッドは、ドライバーと同様にボールを遠くへ飛ばす性能が優れています。
カップまで一定の距離があるフェアウェイで有用ではあるものの、ティーアップされていない状況のボールにクラブを正確に当てることは難しいです。
ラウンドに慣れている方でなければ取り扱い方法に悩みがちです。
飛距離の目安は、アマの男性が200前後、女性が140前後となっています。

アイアン

アイアンは、狙った場所にボールを運ぶクラブです。闇雲にスイングしていると、ボールが前方へと飛びにくいです。
クラブの芯でボールをとらえなければ、飛距離は伸びません。筋力トレーニングとスイングの練習を行っていなければ、グレードの高いアイアンを使っても200ヤード以上飛ばすことは難しいです。
アイアンの番手とボールの飛距離は反比例しています。
番手の数が小さいアイアンほど飛距離が伸びやすい傾向があります。

2番アイアンは、アイアンの中で最も平均飛距離が長いです。
アマの男性が約195ヤード、女性が約135ヤードボールを飛ばせます。

 

3番~7番アイアンの平均的な飛距離は、アマの男性が140~180ヤード、女性が90~125ヤードです。

8番アイアンは、ボールにクラブを上手に当てるコツを習得する際に役立ちます。
初心者がフォームを確認する時にも重宝します。
アマチュアのプレーヤーの平均飛距離は、男性が130ヤード、女性が80ヤードです。

9番アイアンは、飛距離アップを目的とする練習に有用です。
多種多様なショットを打てる上に、スコアが著しく悪くなる可能性を軽減できます。
アマの男性プレーヤーが9番アイアンを使った時の平均飛距離は、115ヤードとなっています。
女性の場合には、70ヤードです。

ウェッジ

ウェッジは、フルスイングしてボールを飛ばすクラブではありません。
ボールとカップの位置を把握し、距離を縮める場面で使います。
緻密に計算して打つスタイルを調節する必要があります。
そのため、平均飛距離は、アイアンよりも格段に短いです。
アマの男性がアプローチウェッジやピッチングウェッジを使った際には、飛距離が100ヤード前後をマークするケースが多いです。
女性がショットを放った時には、ボールが55~60ヤード飛んでいます。
バンカーにはまったボールをグリーンへ戻す折に使うサンドウェッジの平均飛距離は、アマの男性が80ヤード、女性が50ヤードです。

最後に

ゴルフ界で活躍しているトップアスリートは、プロ仕様の本格的なクラブを使っているだけでなく、日々の鍛錬によって強靱な肉体を維持しています。
筋肉量はアマチュアのプレーヤーの数倍です。
そのため、アマチュアの平均飛距離に100ヤード前後プラスした数値がプロの平均飛距離です。
プロの平均飛距離に近付くために、先ず正確なスイングフォームを身に付け、ボールを正確に飛ばす技術を磨きましょう。

おすすめの記事