ゴルフのラウンド中は数時間程度、外で歩き回る必要があります。

春や秋のように過ごしやすい気候でプレイができる季節や

夏の時の暑さ対策がある程度知られている季節と違って冬は気温が非常に低く、

寒い中でゴルフのラウンドを回ることになります。

ゴルフは数キロ以上を歩くスポーツなので自然と体が温まってきますが、

がくがく震えながらプレイを行ったり、大量に着込んでプレイを行うと、

あまりいいスコアを出せないばかりか寒さで体が硬くなってしまい、

怪我をしてしまう可能性もあります。

今回は冬のラウンドでの寒さ対策について紹介したいと思います。

ゴルフウェア

冬にゴルフを行う際には、熱を逃しにくく、

動きやすい服装でラウンドを行うようにしましょう。

まず、肌着については普通のものよりも肌に密着したものを着ると

外の冷たい空気が服と体の隙間に入り込むことなく、

防寒において非常に友好的ですし、下手に何枚も重ね着するよりも動きやすくなります。

 

さらに、足元の防寒対策もしっかりと行っておきましょう。

多くの人は足元の寒さ対策を軽視していますが、

実は足元の冷えはやがて全身に広がっていきます。

足全体を温めて、膝上までしっかりと温めてくれる

レッグウォーマーを着用すると足の冷えを防ぐことができます。

 

また、クラブを握るのに重要となる手や腕の部分は防寒グローブや、

腕を密着させて、腕の運動を妨げないアームウォーマーを着用するようにしましょう。

 

次にウェアの選び方ですが、

気温が寒いと体が動かなくなるので普通のゴルフウェアよりも動きやすく、

防寒対策をしっかりしているウェアを選んでおきましょう。

ただし、急激な気温の低下や雨による体感温度の低下によって防寒効果のある

アンダーウェアやゴルフウェアだけでは寒さ対策は間に合わないことがあります。

もし雨が降ってきたり、急激な気温の低下が起きた時に備えて、

動きやすくすぐに羽織れる耐水性と防寒性に優れた

ウィンドブレイカーを必ず着用するようにしましょう。

このような防寒対策が優れたゴルフ用の服はゴルフ用品店で簡単に手に入れることができ、

非常に種類が豊富なのでプレイするゴルフコースのドレスコードを確認してウェアを用意しましょう。



ケガ対策も忘れずに

このように寒さに自分が凍えてしまわないために、

防寒着対策を行うのは当たり前ですが、

身体が寒さで動きにくくなっている分、

けが防止策にも万全を尽くすようにしましょう。

特にラウンドを始めた際、

朝早くのティーショットやトラブルショットなど身体に大きな負担がかかるショットは

寒い時期だと瞬間的にかかる負荷によって筋肉を痛めてしまう事も。

寒い時期にゴルフのプレイする際には

ストレッチやウォーミングアップをいつもより入念に行って、

身体のエンジンの調子を整えて怪我を防ぐようにしましょう。



コースも変化

また、寒さによって生じるゴルフの影響は単に自分の体だけではありません。

寒さによってゴルフコースの芝が枯れることによって、

ラフやグラスバンカーからリカバリーが比較的容易になる一方、

グリーンが硬くなることでオンが難しくなります。

さらに、ボールやグラブの金属が寒さに硬くなっている事や

自分自身の身体が動きにくくなっていることからショットの飛距離も伸びにくくなっています。

このような飛距離ロスをできるだけ減らして良いスコアでラウンドするには

あらかじめボールを温めておくのが効果的です。

使い捨てカイロがあればボールの温度が下がることがありませんし、

自分自身も使い捨てカイロで温まることができる一石二鳥のアイテムで

ゴルフ場によっては無料で配布してくれるところもあります。



最後に

寒い季節で行われるゴルフは

寒さ対策をしっかりとしておかないとあまりいいスコアが出ないばかりか、

怪我を引き起こす原因にもなりえます。

そのようなことを防ぎ、

良いスコアを出すために寒さ対策をしっかりと行ってラウンドに臨むようにしましょう。

 

↓最後にオススメのハンドウォーマーを紹介します↓



おすすめの記事