これから中小企業診断士の勉強を開始するにあたり、

こちらのブログでも色々とアウトプットしていきたいと思います。

現在中小企業診断士も勉強している方は、一緒に頑張っていきましょう。

また、すでに合格している方は暖かく見守っていていただければと思います。


中小企業診断士とは

中小企業診断士は、

経営コンサルタントとして唯一の国家資格で「日本版MBA」ともいわれています。

業界・職種に共通して当てはまる、

“企業が売上を伸ばし、コストを削減し、利益を上げる”ための

適切な提案をするのが仕事で、社会的に高く評価されています。

中小企業診断士の勉強を通じて以下のことが身につきます。

経営資源を横断的に見る力

ロジカルシンキングで問題解決力や説得力を強化

資格取得を通じて ネットワークの広がり


資格取得後のキャリア

中小企業診断士の資格を取得した後のキャリアとしては、

以下が考えられます。

会社内でのキャリアアップ

学んだ幅広い経営知識で、会社の中枢的なビジネスシーンで活躍できる存在になり、

会社からは貴重な存在としてキャリアアップが望むことができます。

就職・転職の武器に

様々な企業において即戦力として好待遇で迎えらえる傾向があります。

また、事業会社だけでなく、コンサルティング会社への転職も考えられます。

経営コンサルタントとして活躍できる可能性が広がります。

独立を目指す

企業が主催する社内研修やセミナーなどで講師として専門知識を生かした活動が行えます。

   また、雑誌やメルマガなどで情報発信することで、人脈を広げることも可能です。

   その他、活躍できるフィールドは広くあります。

MBAとの違い

MBAはビジネススクールを修了したときに授与される学位です。

一方、中小企業診断士は日本で唯一の経営コンサルタントの国家資格です。

どちらも経済学や人事管理、マーケティング、財務・会計など、

経営に関する幅広い知識を学べます。

どちらを選ぶかは人それぞれですので、以下にまとめてみました。

MBA 中小企業診断士
受験者 商社や金融等の企業の社員 経営に興味に持つ方
学習方法 ディスカッションを通じた学習 座学
費用 100万円〜 20〜40万円
試験等 選抜試験と卒業試験(単位取得) 試験合格のみ
得られる人脈 同期・OB 合格者の研究会

 

費用面や単位の取得(仕事との両立)で

MBAを諦める人は多いのではないでしょうか。(私含め)

私としては、まず中小企業診断士の資格を取得し、

そのあとにMBAの検討をしていきたいと思います。



試験制度

中小企業診断士の試験制度は以下となります。

・1次試験

 

 

 

 

↓*合格者のみ

・2次試験(筆記)

↓*合格者のみ

・2次試験(口述)

→試験合格!

その後は、実務補補習を受けることとなります。

中小企業診断士になるためには、試験に合格するだけではなく、

中小企業診断士の中核的業務である経営コンサルティングの実務経験が不可欠です。

そのため、どちらか15日以上が必要となります。

(1)専門機関による実務補修を受講(実務補習)
(2)必要要件を満たした実務に従事(実務従事)

 

そして、晴れて中小企業診断士登録となります。



中小企業診断士の難易度

中小企業診断士は「難易度A(難関)」に位置付けられています。

具体的には、税理士よりは難易度が低く、

社会保険労務士や行政書士と同等程度の難易度といわれています

合格率については、

1次試験・2次試験共にそれぞれ20%前後と言われています

必要学習時間については、

一般的に約1,200時間と言われています。

1年ストレート合格は難易度が非常に高いですが、

2年・3年計画で取り組めば会社勤めしながら十分合格を狙えると思います。

独学か、通学か

勉強方法についてですが、

私としてはこういった勉強ごとは通学型の方が圧倒的に有利だと思います。

理由は以下となります。

・勉強するペースのスケジュールを引いてくれる

・気楽に質問ができる

・周りに頑張っている人たちがいてモチベーションが上がる

家で一人で勉強する独学には得られることができない大きなメリットがありますので、

多少費用がかかってでも資格の学校に通学した方が良いと思います。

特にモチベーションの維持は大変ですので、

高め合える仲間に出会えれるのは大きいと思います。

 

 

おすすめの記事