ゴルフのスコアを向上させるためには自分の技術を磨くことが重要ですが、

それ以外にもスコアの向上が見込めるポイントがあります。

それはゴルフクラブの選び方です。

スコアが上がりにくいと感じている人は自分に適さないゴルフクラブを使用している可能性が考えられるでしょう。

ゴルフクラブを選ぶときにはグリップの握りやすさや、

素振りをしたときの感覚を重視する人もいるかもしれません。

そのような選び方がダメだというわけではありませんが、

より自分に合ったゴルフクラブを選びやすくなる方法があります。

 

その方法が、シャフトでゴルフクラブを決めるというものです。

ゴルフクラブが自分に合っているかは、

シャフトの硬さが適しているかによって大きく左右されます。

そのため自分に合ったシャフトの硬さを見つけられると、

スコアが大幅にアップする可能性もあるでしょう。

そうなればどのようなシャフトの選び方が良いかを知らなければなりません。

シャフトを選ぶときには硬さを決めることになりますが、

そもそも硬さを変えることによって、どのような影響を及ぼすのかを考えるのが重要です。



柔らかいシャフト

メリット

シャフトが柔らかいとゴルフクラブのしなりが大きくなるので、

ヘッドスピードが加速しやすく、飛距離が伸びやすくなります。

しなりが大きくなることによって、

スイング中に良い間合いが生まれやすく、

タイミングが取りやすいというのも特徴的な部分です。

振り子の原理を利用して飛距離を伸ばすことができるので、

パワーに自信のない女性や子どもにも適しているでしょう。

デメリット

デメリットとしてはミスショットしたときにヘッドがブレやすくなり、

その影響で曲がりが大きくなってしまう可能性があることでしょう。

まだミスショットが多いような初心者ゴルファーよりも、

ある程度ゴルフに慣れてきた中級者で飛距離を伸ばしたい人には適したシャフトと言えます。



硬いシャフト

メリット

対して硬いタイプのシャフトはヘッドの操作が行いやすいのが特徴です。

ヘッドが操作しやすくなることでボールへのミートが行いやすく、

ミスショットを減らせるのが魅力的なポイントと言えます。

ヘッドのブレが少ないので、打点のズレによる曲がりも抑えられます。

このようなポイントを考えると

ミスショットが多くなりやすい人や初心者ゴルファーには適しているシャフトです。

また、ボールがストレートな軌道で飛ぶケースが多いので、

フェアウェイにも乗せやすく、初心者でもゴルフを楽しみやすくなります。

ボールの曲がりが気になる人はシャフトの硬いものを選ぶことで改善できるため、

スコアを向上させられる可能性があります。

パワーには自信があるという人は飛距離の心配をする必要がないので、

シャフトの硬いものとの相性が良いでしょう。

デメリット

デメリットとしてはパワーが必要になることです。

しなりが少ないことでヘッドスピードが出にくくなっているので、

パワーがないと飛距離が伸びにくいでしょう。



最後に

以上がシャフトの硬さによる大きな違いです。

 

ある程度ゴルフに慣れている人は

自分のゴルフで曲がり癖があるかという部分を考えて選ぶのがオススメです。

しかし、シャフトの硬さには明確な基準がないため、

ゴルフクラブのメーカーによってバラつきがあります。

そのため自分のスイングには、

どのメーカーのシャフトが合っているかもチェックしておくのが良いでしょう。

最初は市販のゴルフクラブから選ぶのがオススメです。

市販のゴルフクラブであれば、シャフトの硬さによる癖が少なくなっています。

ゴルフスコアの90を切りたいといったような目標を設定している人は、

自分でゴルフクラブをカスタムして購入するのも良いでしょう。

カスタムすれば、より自分に適したゴルフクラブでゴルフを楽しむことができます。



おすすめの記事