ゴルフボールはたくさん種類がありますが、

どのボールが自分に合っているかを確認することで、スコアメイクにつながります。

今回は、ゴルフボールの選び方について紹介したいと思います。

ディスタンス系とスピン系

ゴルフボールにはたくさん種類がありますが大きく分けると、

ディスタンス系とスピン系の2つに分かれます。

・ディスタンス系は飛距離性能を重視したボール

・スピン系はスピンを重視したボール

です。

硬さも違いがあります。

ディスタンス系はカバーが硬いので反発力に長けています。

インパクトの際にボールが潰れにくいためスピンがかかりづらくなっています。

スピン系はコアの部分が非常に硬くスピンがかかりやすいです。

ボールの軌道を調整しやすいというメリットもあります。



ボールの構造

ボールの構造も種類があります。

ボールの構造は3層から4層になっています。

これを3ピース、4ピースと言い、

ヘッドスピードの違いによって反応する層は変わってきます。

・ヘッドスピードの速い方が衝突力の大きいドライバーで打った場合

 →一番内側の層までエネルギーが届いてボール全体が潰れます

・衝突力の小さいウェッジやパターで打った場合

 →エネルギーが内側まで届かず外側の層しか潰れません

ヘッドスピードやスイングというのは個人差がありますので、

同じボールでも効果や効能が大きく変わってしまいます。



自分に合ったゴルフボール選びを

ゴルフというのは性別、年齢問わず楽しめるスポーツです。

クラブにも種類があるように

ボールも一人一人に合わせて最適なパフォーマンスが出来るように開発されているのです。

スコアが思うように上がらないという方は

一度使用しているボールが自分に適しているかどうか見直してみましょう。

自分に適していないボールを使用すると

飛距離も上がりませんし思った方向に打てなくなってしまいます。

ボールの重要性は非常に高く、

使い始めのボールは最大限に効果を発揮しづらいと言われています。

なぜならばボールというのは適度に潰れることによってその特性を発揮する為です。

潰れ方が少なすぎても多すぎても良くないのです。

ボールがよく飛ぶ、効率よくスピンがかかるようにする為には

どのくらいボールが潰れているのがベストなのか自分自身で把握する事が大切です。

ボールが潰れる時はインパクトの瞬間ですが、

間違ったスイングでボールにインパクトを与え続けてしまうと、

その分ボールはその力を発揮しずらくなってしまいます。

ボールの選択と正しいスイングを身に付ける事が必要になってきます。

自分のヘッドスピードを知る

自分にあったボールの探し方ですが、まずは、自分自身のヘッドスピードを知る事です。

ゴルフ専門店でも計測できる所があるので確認してみましょう。

ボールのパッケージの裏には

対象ヘッドスピードやボールの特徴が記されている事がほとんどですので参考にすると良いです。

ヘッドスピードが凄く速いのに、

女性向けや、シニア向けのボールを使うとボール本来の性能が発揮されず、

スピンが増えすぎたり曲りが大きくなってしまいます。

最初の頃はゴルフボールは見た目が同じな為、性能の差がわからないかもしれません。

しかし経験を積む事により、ボールの違いは感じられるようになってきます。



最後に

スコアが上がらないからといって次々にボールを変えるのはやめましょう。

特にアプローチやパッティングはボールが毎回違うと距離感を養うのが非常に難しくなります。

このボールはどんな特徴があるのかな?

潰れてくればこのように変化するかな?

などと常に試行錯誤しながら経験値を上げていきましょう。

ボール選びはゴルフの基本と言われています。

一人で選ぶのが難しいと感じる方は、経験者の方やお店の店員さんに相談してみましょう。

自分に合ったボールでプレーする事で飛距離が伸びたり、

ミスショットが減ったり、今よりもスコアメイクしやすくなります。

自分のスイング、インパクトの瞬間、ボールの軌道までを撮影して

見直す事で自分自身の全体像を客観視する事ができ、

ボールだけでなくクラブの適性も判断しやすくなります。

プロの方も実践されている練習法ですのでぜひ実践してみて下さい。

 

↓最後に私が使用しているゴルフボールを紹介します↓


おすすめの記事